料理

喜びのおもてなしで心結ぶ
「エンターテインメント」な婚礼料理

おもてなしの料理は、それぞれの料理界で活躍する和食料理長とフレンチ料理長。地の新鮮食材の本来のうまみ成分を引き出す天然湧水「萌木の水」を使用した手間を惜しまない伝統の調理技法は継承しつつ、それぞれの料理長が経験の中で培った全く新しいエッセンスを加え生まれ変わり、幅広い年齢層に支持されるグランドメニューに拘らない季節感に溢れ、郷土性に富んだ至高の一品一品は多くのゲストから高い評価を得ております。

【日本料理】

日本料理 料理長
吉浦 昭二

1968年 熊本生まれ
料理人として、割烹、料亭、ホテルで30年以上のキャリアを積み、生まれ故郷である九州の地へ
2020年 KKRホテル博多 和食料理長就任

地元の新鮮な食材の本来の”旨味”を引き出すため、京料理の手間を惜しまない伝統の調理技法を継承しつつ、季節感や祝いの膳を表現して、お二人の晴れの門出を料理で華やかに彩り、お越しいただいた幅広い年齢層に支持される。

【フランス料理】

フレンチ・洋食 料理長
井上 浩一
1968年 久留米生まれ
1988年 フレンチの巨匠 故 西田弘氏に仕え、本格フレンチの基礎を構築する
1995年 数々の名誉ある料理コンクールでグランプリ・金賞を次々に受賞
全国をまたに翔け受賞
2006年 某外資系ホテル洋食調理部門グランシェフ就任
2011年 KKRホテル博多洋食料理長に就任

地産地消をテーマに県内または近県の旬の食材を中心としたフレンチをベースに、和食や中華のテイストを斬新に取り入れた料理を得意とする。

結婚式の盛り上がりに欠かせない、バリエーション豊かなウエディングケーキをご用意いたしました。